不動産担保ローンなら使用用途が自由に選べる!

グラフ

ローンの仕組み

金融機関などから一定の資金を借り入れして、定期的に返済する方法をローンといいます。ローンを利用することで、今すぐにまとまった資金がなくとも車や住宅などの高額なものを購入することが可能となります。ローンは種類が豊富なので、目的に合わせて利用しましょう。

株

不動産担保ローンとは?

ローンは収入証明で利用できることもありますが、借り入れできる金額に限度があります。大口の資金が必要な場合には、自身の不動産を担保として借り入れを行う不動産担保ローンがおすすめです。不動産担保ローンを利用するには手続きに時間が必要なので、必要な資金が判明したらすぐに申し込みましょう。

[PR]
即日利用できるカードローン!
お急な出費で悩む必要ナシ☆

不動産担保ローンを利用するメリットTOP5

女性
no.1

大きな額の融資が可能

不動産の価値によって左右されますが、一般的なカードローンよりも大きな額の融資を受けることができます。

no.2

長期間での返済が可能

融資額も大きいですが、その分返済期間も長く設けられています。短期間のうちに多額の返済に追われることはないでしょう。

no.3

金利を低く抑えられる

不動産を担保としている分、金利が低いというメリットがあります。長期間に渡って返済したとしても、金利に苦しむことはないでしょう。

no.4

使い道に制限がない

不動産担保ローンは、使い道に制限はありません。フリーローンに分類されるので、事業資金にしたり何かを購入することも可能です。

no.5

連帯保証人は不要

万が一返済が滞ったとしても、不動産を没収すれば融資額は回収できるため、連帯保証人は不要とされています。

不動産担保ローンは計画的に利用しよう!

不動産担保ローンは金利が低く、長期間に渡って返済すればいいというメリットがありますが、返済が滞れば持っている不動産を没収されてしまいます。資金計画をしっかりと立てて、計画的に利用しましょう。

クレジットとローンの違いとそれぞれの特徴

クレジットカードのショッピング

ショッピングは、一時的にクレジットカード会社が支払いを行い、後から支払額を請求するという仕組みです。

クレジットカードのローン

ローンは、事前に現金を借り入れして、後から返済を行います。クレジットカードにはショッピングとローンの2種類のサービスがあるので、シーンに合わせて使い分けましょう。

ローンは目的に合わせて選ぼう

不動産担保ローンの他にも、カードローンや住宅ローン、学費ローンなど複数種類存在します。利便性が異なるので、目的に合わせて最適なローンを選びましょう。

ローンに関するQ&A

スマホ

いくらくらい融資してもらえる?

担保とする不動産の評価額の7、8割程度まで借り入れすることができますが、収入や返済能力によっても融資額は異なります。

融資までに必要な時間は?

金融機関によって異なりますが、審査が終わるまで早ければ一週間、長ければ一ヶ月程度の時間が必要となります。

家族に内緒で融資を受けることはできる?

必要書類が自宅に送付されるので、家族に内緒にすることは難しいでしょう。家族以外の人には隠しても、家族にだけは融資を受ける旨を伝えておきましょう。

カードローンとどちらが審査に通りやすい?

不動産担保ローンの方が審査に通りやすいといわれています。カードローンで審査に落ちた人も、不動産担保ローンに申し込んでみましょう。

ローン返済中の不動産も担保にできる?

ローン返済中の不動産は、担保にすることはできません。無担保ローンなどの別のローンを検討してください。

[PR]
フラット35は繰り上げ返済が可能☆
住宅ローンの利用をしたいなら注目!

[PR]
不動産担保ローンの利用を検討してみよう
人気サービスを厳選特集☆

広告募集中